知れば知るほど面白い ツタンカーメンと古代エジプト王朝

タグ
シリーズ
  • 新書判232ページ
  • 2012年06月20日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-45396-5
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
知れば知るほど面白い ツタンカーメンと古代エジプト王朝

内容紹介

ピラミッドに象徴される文明の興隆と衰退

【巻頭カラー】
古代文明並列年表
王朝時代別遺跡と遺品

【巻頭折り込み】
ひと目でわかる!! 歴代ファラオ一覧

「今から5000年前、紀元前3000年頃にエジプトのナイル川流域がひとりの王のもとで統一され、第1王朝が樹立されました。その後、紀元前30年に、プトレマイオス朝のクレオパトラ7世が自殺するまでの約3000年間にわたり、エジプトではファラオ(王)が統治していました。」(本書「はじめに」より)。
本書では、ツタンカーメン王にまつわる逸話や古代エジプトをめぐる12の謎を提示。ついで初期王朝・古王国~中王国~新王国~末期王朝・プトレマイオス朝と連綿と続くその歴史を、顕著な実績やユニークさが際立つ38人の歴代ファラオの横顔や治世を紹介しながら、詳しく分かりやすく解説します。例えばピラミッドは、建設された時代の経済状況やファラオとそれを支えていた宰相の力量によって作りが異なること。もっとも有名なファラオといっていいツタンカーメン王が、じつは古代エジプトの歴史上では、忘れられていた王であったことなど、目からウロコのエジプト知識が満載です。