シャビ バルサに生きる

タグ
シリーズ
  • 四六判252ページ
  • 2010年06月04日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-45287-6
    • 品切重版未定
シャビ バルサに生きる

内容紹介

世界一のパサーはいかにして生まれたのか?

今、世界で一番美しいサッカーをしているFCバルセロナ、南アフリカワールドカップ優勝候補のスペイン代表の中心メンバーとして活躍するシャビの初めての自伝。「横パスしか出せない」「身長が低い」「リーダーシップがない」「バルサの癌だ」と批判を浴びることもあった。そのたびに家族、仲間、監督、チームに支えられてきたという。カンテラ入団からトップチームへの昇格、ケガからの復帰など、これまで語られなかったシャビの人生がこの一冊に凝縮!

目次

Chapter1 人生はバルサとともに
Chapter2 カンテラでのサッカー生活
Chapter3 ビラと出会い成長した
Chapter4 激しくも思い出深いカンテラ時代
Chapter5 トップチームへの昇格
Chapter6 スペイン代表として
Chapter7 偉大なる母
Chapter8 躍進したシドニーオリンピック
Chapter9 僕が尊敬する選手たち
Chapter10 もっとも辛かった出来事
Chapter11 新たな時代へ
Chapter12 チームを変えたロナウジーニョ
Chapter13 サッカー人生最高のゴール
Chapter14 夢のような時間
Chapter15 支えてくれる選手たち
Chapter16 ケガから学んだこと
Chapter17 4度のチャンピオンズリーグ決勝
Chapter18 過信と大きな代償
Chapter19 欧州選手権での優勝
Chapter20 引退はバルサで
Chapter21 新監督・グアルディオラ
Chapter22 特別すぎる評価
Chapter23 メッシはスペクタクル
Chapter24 世界最高のフォワード
Chapter25 バルサのDNA