ぼくの映画人生

タグ
シリーズ
  • 四六判280ページ
  • 2008年10月10日発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 978-4-408-42011-0
    • 品切重版未定
ぼくの映画人生

内容紹介

「じゃ、ぼく、映画をつくるよ」――。

少年時代から映画と共に生き、日本で最初の「映画作家」として道なき道を切り拓いてきた大林宣彦監督が、70歳を機にその半生と映画論を縦横に語った“自伝のような一冊”。

目次

プロローグ 眠っていた山彦が目覚めて 美しい日本が戻りはじめた
第一章 ぼくの生い立ち 美しい日本人がいた尾道
第二章 個人映画の時代とCM黎明期
第三章 ぼくの映画づくり――最初の「尾道三部作」を中心に
第四章 バブル崩壊 変貌する日本のなかで
第五章 大分、信州 山彦の映画づくり
第六章 映画づくりを教える現場から
エピローグ 「おれ、また新人だ。作り出す映画がきっと変わるぞ」

装丁/ 和田誠