東京のドヤ街・山谷でホスピス始めました。「きぼうのいえ」の無謀な試み

タグ
シリーズ
  • 四六判上製268ページ
  • 2006年03月20日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-40342-7
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
東京のドヤ街・山谷でホスピス始めました。

内容紹介

TBS系「ニュース23」の特集・マンデープラスで2月27日に
紹介され、大反響を呼んだ「きぼうのいえ」の初めての本。


「きぼうのいえ」は、2002年、東京のドヤ街・山谷(さんや)に開設された、余命わずかな身寄りのない人々、元日雇い労働者らのためのホスピス。38歳の若さで、妻と二人三脚でこの場所をつくり、運営している著者が、立ち上げからこれまでの、疾風怒濤の日々を綴る。個性的な入居者との暮らしと、看取りの風景は、涙と笑いに満ちている。山谷の街の日常風景や、きぼうのいえの入居者、看取りの情景等を鮮やかに切りとった写真を多数収録。