ニッポン海戦史 知れば知るほど

タグ
シリーズ
  • 四六判256ページ
  • 2003年03月01日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-39518-0
    • 品切重版未定
ニッポン海戦史 知れば知るほど

内容紹介

四方を海に囲まれた日本列島では、昔から海での戦いが絶えなかった。隣接する諸国はもちろん、時に海外に進出してまで対抗する勢力と衝突した。本書は、古くは古代の白村江から、新しくは先の太平洋戦争まで、歴史上の著名な海戦を、その原因や展開、勝敗の帰趨などを読みもの風に記述したものである。とくに、瀬戸内海で暴れまわった水軍という海の武士団の生態には興味をそそられようし、栄光から壊滅まで、連合艦隊を率いた指令長官四人の人間ドラマにも引き込まれるだろう。
なお、それぞれの記事には、絵図や写真を可能な限り豊富に盛り込んだ。見て分かる、当時を知るうえでの貴重な資料である。