連合艦隊 知れば知るほど

タグ
シリーズ
  • 四六判288ページ
  • 2002年07月18日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-39498-5
    • 品切重版未定
連合艦隊 知れば知るほど

内容紹介

勝海舟らによって幕末に創設された日本海軍。日清戦争時に編成された連合艦隊によるそのハイライトは、真珠湾で口火を切った太平洋戦争である。緒戦の勝利に酔ったのも束の間、米軍の本格反攻とともに局面は暗転し、壊滅への道を余儀なくされた。
本書ではベテランの戦史研究家、戦史作家を動員して、海戦をどう戦ったか、勝敗の決め手は何だったか、いかなる人物が連合艦隊を動かしていたか、名艦艇のプロフィールと戦歴といったテーマを展開しつつ、連合艦隊の栄光と最期の航跡に迫る。米軍提供も含む、多数の戦闘場面や戦艦などの写真もリアルで興味深い。