魂の箱あるボクシングジムの闘い

タグ
シリーズ
  • 四六判上製272ページ
  • 2002年01月23日発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 978-4-408-39481-7
    • 品切重版未定
魂の箱

内容紹介

元世界チャンピオン畑中清詞の許に入門した二人の少年、杉田竜平と中野博の姿を描いたスポーツ・ノンフィクション。気鋭の作家平山譲が小さなジムで夢を追う青春群像を清々しい筆致で書き下ろした。親友を死なせてしまった不良少年。自分の価値を見出せない高校生。40年間を拳闘に捧げた老トレーナー。視覚障害をもつ元世界チャンプ。路地裏のちっぽけな「箱」で、4人の傷だらけの挑戦が始まる。これは「リングでしか生きられない男たちのドラマ」だ。