春の来ない冬はない時の変化の法則の書『易経』のおしえ

タグ
シリーズ
  • B6判変型200ページ
  • 2022年03月31日発売
  • 価格 1,430円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33924-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
春の来ない冬はない

内容紹介

5000年読み継がれてきた『易経』に記される
人生で大切なこととは――?

古来、帝王学の書として読み継がれてきた
『易経』に書かれていること――。
それは「時の変化の法則」です。

英語では『The book of Changes』と呼ばれる『易経』は
64の“時の物語”を通じて、
人間が人生で出合う様々な問題に
どう対処すべきかが書かれています。

いま、私たちはコロナをはじめ、
自然災害や紛争・戦争など
予測のできない出来事に直面しながらも
大きく変化する時代の真っただ中にいます。

この大変革の時代に
どういう心構えで向き合っていけばいいのか。
いまこそ、
東洋古典最古の書『易経』のおしえに学びましょう。

*****
 目次
*****

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1章「不測の事態への対処と心構え」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

変化の法則はすべて自然に習え――天雷无妄
无妄でなければ眚いあり
パニックの時は洋の東西を問わない――火沢睽
泥まみれの豚が鬼に見える時
心は常に背に置いて生きる――艮為山
自らの役割を見失わない――震為雷
至るを知りてこれに至る  他

・・・・・・・・・・・・
第2章「変化変通の理」
・・・・・・・・・・・・

平かなるものにして陂かざるはなし――天地否と地天泰
平事の変化、有事の変化――雷風恒と沢火革
革命的変化では痛みを伴う
不況期の乗り切り方――山沢損と山雷頤
利は義の和なり――山沢損と風雷益
依頼心を捨てよ――山雷頤
冬の時代のリーダーのあり方 他

・・・・・・・・・・・・・・・
第3章「永続可能な生き方の条件」
・・・・・・・・・・・・・・・

豊かな土壌づくりとは何か――山水蒙
学びは泉のごとく
学んでほしいと師から言わない
焦らず、急がず、歩みを止めず
蒙昧なまま高い地位についてしまったら
まずは自分自身に問うべし 他