学校で教えない 日本史人物ホントの評価

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2019年11月08日発売
  • 本体価格 950円+税
  • ISBN 978-4-408-33899-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
学校で教えない 日本史人物ホントの評価

内容紹介

人物の実像を改めて見つめ直せば、教科書にない“日本史”が見えてくる!

映画やドラマ、漫画に登場する日本史の人物たち。
その姿はスーパースターだったり偉人だったりするが、
史実を細かくひも解いたら実はそれほど活躍していなかったり、
むしろ評判が芳しくなかったりする人物も。
反対に、暴君や無能のレッテルを貼られているイメージの人物が、
別の角度から見ると実は高評価されていたりすることも。
そんな人物の実像を改めて見つめ直せば、教科書にない“日本史”が見えてくる!

【目次例】
■PARRT1 大河ドラマの主人公「明智光秀」 その真の人物像

・織田信長と似たもの同士だった!? 明智光秀の立身出世
・本能寺の変の新解釈! 史料の発見で脚光を浴びる「四国説」
・丹波領主として善政を敷いた!? 地元では今も称えられる光秀

■PARRT2 有名なのに、一般的な評価に疑問が残る人物
・斎藤道三の下克上は親子2代で成し遂げられた!? 
・“義将”こと上杉謙信は私利私欲と無縁ではなかった!? 
・速やかに新時代へ移行させた? 徳川慶喜の“敵前逃亡”
・坂本龍馬は「維新回天」の立役者ではなかった!? 

■PARRT3 世間のイメージとは、別の一面を持つ人物
・恐れられるほどの人格でも、足利義政は有能な政治家だった!? 
・領国を失った今川氏真は、内政に熱心で文武両道だった!? 
・老人を集団暴行!? 巌流島の決闘での宮本武蔵が取った行動
・評価が悪いのは政敵のせい? 経済改革を断行した田沼意次

■PARRT4 トップとはタイプが異なる、No.2の人物
・親子同然の絆で結ばれた? 細川頼之と足利義満
・東大寺の放火は冤罪? “梟雄”松永久秀の真実
・“米”にたとえられた? 万能の武将・丹羽長秀
・謀反人でありながら、家康に“友”と呼ばれた本多正信

■PARRT5 いまひとつ知名度は高くないが、重要な人物
・織田信長の政策を先取り! 畿内を制覇した三好長慶
・大坂の陣のもう1人の主役! 毛利勝永が見せた武勇
・工業立国・日本の原点? 小栗忠順が残した横須賀造船所
・坂本龍馬ではない! 「薩長同盟」の真の立役者・小松帯刀

■PARRT6 全国ではイマイチでも、地方では知名度抜群の人物
・関連の地は100カ以上! 北海道に残る松浦武四郎の足跡
・海なし県が生んだ海軍の先駆者 先見の明にあふれた赤松小三郎