一代の出版人 増田義一伝

タグ
シリーズ
  • 四六判304ページ
  • 2019年10月31日発売
  • 本体価格 2000円+税
  • ISBN 978-4-408-33892-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
一代の出版人 増田義一伝

内容紹介

なぜ、出版人・増田義一は、実業之日本社という出版社を一時は日本一の存在に高めることができたのか。

明治から昭和初期にかけて、新渡戸稲造、大隈重信、渋沢栄一ら政財界の重鎮や学者たちから
絶大な信頼を受けた出版人がいた。
その人の名は「増田義一」。

多くの良識ある読者から絶大な支持を得た『実業之日本』の創刊から携わり、
『婦人世界』『少女の友』などの雑誌を矢継ぎ早に成功させ、
版元である実業之日本社を大正期を代表する出版社へと牽引。
大日本印刷の初代社長でもあり、日本の出版界に大きく貢献した人物である。

同社の経営と並行して衆議院議員に8回当選、衆議院副議長などを務めた一方で、
その功績とは裏腹に、いま「増田義一」を知る人は皆無に近い。
なぜ、出版人・増田義一は、あの時代の重鎮と大衆の心をつかみ、
実業之日本社という出版社を一時は日本一の存在に高めることができたのか。

一代の出版人・増田義一の生誕150年であり没後70年を記念し、
彼の79年の軌跡と人柄、そして生涯貫いた志を、新渡戸稲造の研究家が描いた初の評伝。
現社長による「解説」も所収。

【内容紹介】
プロローグ 新渡戸稲造を編集顧問に

第一章
古里 郷里/父と母/期待された少年/授業生のころ/両親の死/高田新聞社

第二章
学校 東京専門学校/真面目な学生/盟友光岡威一郎/大隈崇拝のきっかけ/他

第三章
創業 両刀使いのころ/処女出版『金貨本位之日本』/大日本実業学会に専念/他

第四章
雑誌 人を褒める雑誌を作れ/雑誌の作り方の方針/成功の宝典/成功を説いて成功した人/他

第五章
隆盛 石井白露のこと/創立十周年で八つの座右の銘/成功への道程を披露/他
第六章
政界 前島密の推薦状/増田の議員歴/外遊後に辞職/山本権兵衛に堂々と渡り合う/他

第七章
大正 「私は実業之日本の社長増田です」/石井の死/全国の小学校長を米国に派遣/他

第八章
震災 関東大震災の当日/ただ同然で地下室を提供/講談社に紙を譲る/他

第九章
貢献 早稲田のことになると/籤引き始まる早慶戦/郷里のことでも/他

第十章
逸事 大隈侯に字を書かせられず/早稲田の課外講義/蘇峰の青山会館建設に尽力/
渋沢とそっくり/英雄崇拝の精神/横山大観の揮毫/他

第十一章
晩年 二人子どもの死/声をあげて泣く/活動すればするほど丈夫に/
長寿への感慨/“私は一生平和主義者であります”/他

解説