ワッグルゴルフブック ドライバーの飛ばし方がわかる本

タグ
シリーズ
  • 新書判178ページ
  • 2019年12月02日発売
  • 本体価格 980円+税
  • ISBN 978-4-408-33890-3
    • 在庫あり
ドライバーの飛ばし方がわかる本

内容紹介

「スイングプレーン」に代わるキーワードが「地面反力」!

最新のバイオメカニクス的研究により明らかになった、
飛距離を出す合理的なスイングの中核にある「地面反力」。
これには「3つの力の方向」があり、
スイングタイプによって最適な方向があります。
これまでほとんど触れられることがなかったこの真実を、
本書は余すことなく解説。「地面反力」を使うコツさえわかれば、
誰でも即効で飛距離を伸ばせます!

年齢、筋力に関係なく
飛距離が確実に伸びる!
飛距離の出るスイングは
曲がらないスイングでもある!


本書では、最新のバイオメカニクス的スイング研究によって導き出された、
飛距離を出すために必要なスイングのエッセンスと、
その中核となる「地面反力」の使い方を、できるだけ簡略化した形で紹介しています。
「地面反力」は、スイングタイプによって使い方のコツが少しずつ異なります。
そこで本書では、これまでのレッスン書ではほとんど触れられることがなかった
「地面反力」が生み出す「3つの力の方向」について解説しつつ、
スイングタイプ別に、どの力の方向を選べばいいか、どうすればもっと
「地面反力」を生かしてスイングできるかについても説明しています。
コツさえわかれば、「地面反力」は誰もが簡単に使うことができて、
試した瞬間から飛距離が伸びる(ヘッド速度が上がる)可能性を持つ力です。
飛距離を伸ばしたいと考える、すべてのアマチュアゴルファーに
ぜひトライしてほしいと考えています。

<おもな内容>
飛距離を伸ばすことがスコアアップにつながる
PGAツアーでは飛ぶ選手がより多く稼いでいる
「地面反力」はもっとも有効な飛距離アップのツール
「地面反力」が生む力には3つの方向がある
「バーチカルフォース」を使うならリリースは早めがいい
「ホリゾンタルフォース」を使うにはリリースを遅らせる
最適な「地面反力」の方向は右手のグリップによって決まる
「地面反力」を使うには「加重」と同じくらい「抜重」が大事
3方向の力をミックスすることで飛距離は劇的にアップする
誰もが「地面反力」を使って飛距離を伸ばすことができる

著者略歴
吉田洋一郎(よしだ・ひろいちろう)
世界の最新理論に精通するゴルフスイング・コンサルタント。世界屈指のコーチであるデビッド・レッドベターのレッスンメソッドを学んだ後、5年間で30回以上の海外視察を行い、米PGAのプレーヤーを指導する80人以上のインストラクターから直接指導を受ける。その他に著名なゴルフ指導者200名以上の講義を受け、21のゴルフ理論の資格を持つ。ツアープロ、シングルプレーヤーを中心に、多くのゴルファーを指導するかたわら、メディアで活躍。日本に「地面反力」の理論を広めた人物としても知られる。パッティングレッスンに一石を投じた『ロジカル・パッティング』(実業之日本社刊)ほか著書多数。JGSI主催。1978年生まれ、北海道出身。