いつのまにか忘れてしまった34の大切なこと

タグ
シリーズ
  • 四六判136ページ
  • 2017年11月17日発売
  • 本体価格 1200円+税
  • ISBN 978-4-408-33748-7
    • 在庫あり
いつのまにか忘れてしまった34の大切なこと

内容紹介

――小さなストーリーが、明日の私を変える。

――小さなストーリーが、明日の私を変える。

これからお伝えする34のストーリーは、すべて本当にあったお話しです。
著者自身が、学校や塾の先生、
子どもを育てているご両親に聞いて集まったこの話には、
もやもやした心をいつのまにか晴れやかにさせる、不思議な力があります。
かつて子どもだった私たちがみんな持っていたはずの、
素直さ、しなやかさ、強さや優しさ。
それらを思い出させてくれる小さなお話しには、一生を変える大きな力があります。
この度、人気漫画家・イラストレーターこやまこいこさんの
優しくあたたかいイラストを添えて、一冊の本としてみなさまにお届けします。
幸せと情熱をもたらしてくれるストーリーとイラストを、ゆっくりとお楽しみください。

第1章 夢や仕事への情熱を教えてくれるストーリー
第2章 心を成長させてくれるストーリー
第3章 人間関係を変えてくれるストーリー
第4章 本当に大切なものに気づかせてくれるストーリー

【感動の実話に、感謝の声、続々!】
んでいくうちに、自分にとって本当に大切なことに気づいて、
悩みや不安が情熱に変わりました。ネガティブな気持ちが、きれいになくなります。(20代女性、会社員)

ころにすーっと染み込んで、11話でいつの間にか涙が出ていました。
たとえ自分がどんな状態でも、家族や友達を大切にできる人間でいたい、と強く思いました。(30代女性、主婦)

間関係は意外とシンプル。
18話を読んで、自分が勝手に複雑に考えすぎてしまっていただけだと気づきました。
読んで気持ちがラクになりました。(40代男性、経営者)

がもやもやしていたのですが、34のストーリーのおかげで自分の感情に向き合うことができました。子どものように物事をまっすぐに見てみたら、自分のすべきことがはっきりしました。(40代女性、自営業)