できる社員の損益分岐点あなたは黒字社員? 赤字社員?

タグ
シリーズ
  • B6判176ページ
  • 2013年11月28日発売
  • 価格 1,100円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33108-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
できる社員の損益分岐点

内容紹介

あなたはあなたの「年間報酬」の3倍以上の粗利益を稼ぎ出していますか?

年収が500万円なら1500万円以上の粗利益を稼ぎ出していないと会社の利益に貢献しているとは言えません。損益分岐点とは、文字通り、赤字になるか黒字を出せるか分かれる点です。あなたがこの損益分岐点をクリアしている黒字社員ならいいのですが、もし赤字社員なら、「残業役人」と呼ばれてしまいます。もともと要らない人が余計なことをしてまわりに迷惑をかけるからです。そしてあなたは会社のお荷物社員となって一生を平社員で終えるか、ときには肩をたたかれて退場することにもなります。黒字社員でも赤字社員でもない人は、白字社員です。上司に逆らわないけれど、笑顔で従わない、社内でよく見かけるあのタイプの中堅社員です。

本書では、年収の3倍をきちんと稼ぎ出している人と、そうでない人たちの働き方や考え方、パフォーマンスの違いを集めました。その違いがわかれば、自分のやり方を直すことができて、会社で生き残れるだけでなく、社長にも役員にもなれ、一流と呼ばれ、プロと尊敬される可能性が大きく増すこと請け合いです。