鍵穴の花園

タグ
シリーズ
  • B5判変型上製72ページ
  • 2002年12月08日発売
  • 本体価格 1900円+税
  • ISBN 978-4-408-32164-6
    • 品切重版未定
鍵穴の花園

内容紹介

少女から大人まで幅広いファンを持ち、「月刊MOE」や、松本侑子、田辺聖子、林真理子、赤川次郎などの本の表紙でもおなじみの人気画家・樋上公実子。8年前に刊行された詩画集『ヴァニラの記憶』(詩は松本侑子さん)は完売して、現在手に入らなくなっているため、新しい画集を望むファンの声が多く寄せられていました。そんな熱い要望にお応えして、デビューから現在に至るまでの代表作、約50点あまりを収録した愛蔵版が、ついに刊行されました! 著者独特の、耽美的でエロティックな世界を堪能できる大人の絵本。自分の心の中をそっと覗き込むように、秘密の宝箱のふたを開けるように、ページをめくってください。大切な人へのプレゼントにも最適です。

~覗かずにはいられない、美女たちの禁断の花園~
第1章 金魚楼(「おつかい」「蜜の時間」「海月使い」他)
第2章 ノスタルジア(「迷宮の扉」「うたかたの媚薬」「螺旋遊戯」他)
第3章 診療室のユメ(「看護婦」「赤い診察台」「受胎告知」他)
第4章 美女たちの標本室(「コレクター」「雪の女王」「蜜月」他)

※刊行記念「著者直筆サイン本」のご注文は規定数を超えましたので締め切らせて頂きました。ありがとうございました。