ロボットマンガは実現するかロボットマンガ名作アンソロジー+ロボット開発最前線報告

タグ
シリーズ
  • A5判352ページ
  • 2002年07月18日発売
  • 本体価格 1619円+税
  • ISBN 978-4-408-32147-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
ロボットマンガは実現するか

内容紹介

日本のロボット開発には、『鉄腕アトム』以下のロボットマンガが大きな影響を与えたといわれるが、その真相は? …『鉄腕アトム』から『ドラえもん』まで、マンガ史上に残るロボットマンガの名作の中から8作を選び、アトムは「ヒューマノイド」、鉄人は「遠隔操作」、エイトマンは「人工知能」、マジンガーZは「乗り込み型」、『ドラえもん』は「ロボットと遊ぶ」というように、その形態、能力、機能などによってテーマを設定。各テーマに沿ったロボットを開発している、ロボット工学をリードする日本の科学技術者たちに、実際に作品を読んでもらって感想を聞くと同時に、ロボットマンガへの思い、自らのロボット開発の紹介と将来の夢を聞く。