プロの財産コンサルタントが教える やってはいけない 不動産 相続対策

タグ
シリーズ
  • 四六判256ページ
  • 2016年09月02日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-11199-5
    • 在庫あり
プロの財産コンサルタントが教える やってはいけない 不動産 相続対策

内容紹介

実例多数掲載! 「相続対策には不動産を活用しましょう」にはご用心!

建築会社、不動産会社などに言われるがままの「必要のない相続対策」
「やりすぎ相続対策」に要注意! 財産を減らさずに相続を
乗り切るための法人活用方法など、読者に最適な相続対策と最適な
財産ポートフォリオ作りのポイントを教えてくれる指南書です。

収益不動産が高値圏にある今、安易な相続対策による購入リスクは大きく、
将来売れない、売りにくい不動産でも売れる今こそ、不動産を現金化すべき
「不動産現金化時代」が到来したといえます。

本書では、「不動産現金化時代」の中で、現金化した現金の活用法、
財産の分散投資による円資産のリスク対策まで、『まさかにも備える』
最適な財産ポートフォリオの構築のための知識とポイントをわかりやすく解説しています。

また、国土交通省は、相続対策として土地の所有者が建てたアパートなどを
業者が一括で借り上げ、入居者に貸し出す「サブリース」契約での
相次ぐ家賃保証トラブルを背景に、「将来は家賃が減る可能性がある」との説明を
賃貸住宅管理業者に義務づける制度の9月からの施行を発表しました。

このような時代背景を受け、
第二章『こんなに多い!やってはいけない不動産を使った相続対策』では、
増え続けるサブリースにおける相談事例も踏まえながら、
サブリースによる賃貸住宅の建築の増加背景、
簡単に解除できてしまう『30年一括借り上げ』のサブリース契約の実態から、
借入のしすぎによる失敗事例まで分かりやすく解説しています。

相続対策で賃貸住宅建築を考える人にも必見の一冊。