大相撲 あなたの知らない土俵の奥

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2016年01月30日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-11172-8
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
大相撲 あなたの知らない土俵の奥

内容紹介

「横綱は降格しない」なんて本当は誰も決めていなかった!?

元々は五穀豊穣を願う神事として始まった相撲。それがいかにして現代まで伝統を継承し、続いてきたのか。「成績順ではないランキング」「平成に入り厳しくなった大関・横綱の昇進基準」「元々は巡業組合だった一門制度」…等々、歴史をひもとくことで、大相撲の奥深さとこれからの相撲界の問題点が見えてくる! 近年ブームに湧いているが、人材不足で依然ピンチの相撲界。そんな今だからこそファンに読んでほしい一冊!

第一章 奥深き相撲の世界
「相撲」1700年の歴史
戦国末期から現代に続く! 四股名の始まり
時代によって変化していった決まり手
力士を彩る化粧まわしと取りまわし
どれが正しい? 立ち合いの変遷
人気の回復策! 戦後から始まった三賞制度
国技館の開館とともに発生した優勝制度

第二章 力士をとりまく周辺事情
日本の文化を具現化したランキング・番付
相撲界独自の給料システム
現在のラッシュに続く懸賞金制度の変遷
稽古と広報を兼ねそなえた巡業
時代と共に移り変わる相撲場
力士たちの生活の基盤・相撲部屋
代々受け継がれる年寄制度
様々な思惑がからむ一門制度と役員選

第三章 もっと知りたい大関と横綱の真実
波乱に満ちた横綱確立とその変遷
大相撲の神髄・横綱土俵入り
横綱・大関の昇進と進退

終章 これからの相撲界を考える