西武沿線の不思議と謎

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2016年01月06日発売
  • 本体価格 850円+税
  • ISBN 978-4-408-11170-4
    • 品切
西武沿線の不思議と謎

内容紹介

「としまえん」はなぜ豊島区ではなく練馬区にあるのか?

「西武新宿駅はなぜほかの新宿駅から離れているのか?」「高田馬場駅のホームがわざわざ山手線の内側にある理由とは?」「レオライナーは、昔はおもちゃの鉄道だった!?」「JR線とつながっている秘密の線路があるって本当?」「多摩湖にはそっくりな名前の駅が3つもあった!」「西武沿線なのに『東』がつく駅が多いそのわけは?」「石神井公園には日本初の○○があった!」「『都立家政』って何の施設? どこにあるの?」……など西武沿線にひそむ地理・地名・歴史の意外な真実やおもしろエピソードが満載。読めば、ふだんなにげなく見ている駅や沿線風景が違って見えてくる! 西武沿線がもっと好きになる一冊。

目次

第1章 意外な事実が見えてくる! 西武鉄道のヒミツ
第2章 この目で確かめたい! 沿線ユニークスポット案内
第3章 地図から浮かび上がる 路線の不思議
第4章 知れば地元が好きになる! 西武鉄道の沿線史
第5章 驚きのルーツがそこにある 駅名・地名の由来