太陽と月の結び

タグ
シリーズ
  • A5判144ページ
  • 2015年09月30日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-11157-5
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
太陽と月の結び

内容紹介

相川七瀬が日本の神社を訪ねて旅する、
大好評の「結び」シリーズ第3弾!!

今回は伊勢神宮から、九州の宗像大社、高千穂、対馬、そして世界遺産の和歌山・丹生都比売神社、広島・厳島神社など、太陽と月の神様にまつわる神社を、カラー写真をまじえたエッセイで紹介していきます。旅のグルメやとっておきのエピソードも満載です!

「神様を訪ねる旅を続けていると、本当に導きとしか思えないようなことが連続して起きます。最初のうちは、起こることに慌てたり動揺したりしましたが、今は起こることを注意深く見るということを、習慣づけるようになりました。
 神様は人の理解が深まるように、出逢いという学びを用意してくれます。そして、しかるべきタイミングで、しかるべき場所へと旅を進めてくれるのです」
「神様はいつも私たちに、自然を通して語りかけています。日本にあふれる自然の声を、平和の声を、今一度心を澄まして聞かなければいけない。そして未来にもこの声をつないでゆきたい」
(本文より)

目次

プロローグ──神様のくれる奇跡

第一章 太陽と月に導かれて
神様の住む都、伊勢
真っ白の空間、ゼロという力
別宮の神様
元伊勢
聖なる真名井原

第二章 神聖なる世界へ
倭姫からのことのは
神様のへその緒、月の宮
いよいよ内宮へ

第三章 玄界灘の女神
宗像大社の三女神
中津宮へゆく
七夕の星の宮
遠く沖津宮を遥拝する

第四章 神の降り立つ高千穂
高千穂神社と鹿島、香取
天真名井と槵觸神社
荒立神社のこおろぎさん
神様からの伝言

第五章 赤い稲穂との出逢い
太陽を守り導く猿田彦大神
メビウスの対馬
「七瀬さん、おかえりなさい」

第六章 月の神様と勾玉
壱岐と京都の月讀神社
可憐な丹生都比売神社

第七章 神を斎き祀る島
厳島神社
丹碧の世界への入り口

エピローグ──太陽と月の伝説
あとがき
掲載神社一覧