熊本「地理・地名・地図」の謎意外と知らない熊本県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2015年01月24日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-11119-3
    • 在庫あり
熊本「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

肥後もっこすも唸る、熊本うんちく!

くまモンブームで、観光客が増えた熊本県。しかし、熊本にはまだまだ地元の人も驚く名所や名物、史跡がある。本書は地理や地名、地図から見えるその県の意外な歴史と真実! 熊本県の魅力が深まる知的ガイドブック! 観光するだけではわからない雑学ネタ満載。

「九州新幹線開業による熊本県のあせりが「くまモン」を生み出した!」「熊本市内に複数ある宮本武蔵の墓…どれが本物!?」といった歴史から、「八代海だけで見られる神秘な現象「不知火」」「阿蘇山はどのように形成されたのか」などの地理、そして「なぜ熊本は「火の国」と呼ばれたのか」「日本一長い駅名は南阿蘇村にある!」などの地名雑学まで、熊本県の謎がわかる納得の一冊!

目次

第一章 どうしてそうなる? 熊本の地図と道路は謎だらけ
加藤清正が「隈本城」を「熊本城」と改めたのはなぜ?
海に向かうわけではないのになぜ「浜線」?
「阿蘇」の由来はインド仏教の神・阿修羅? など

第二章 肥後気質を育んだ風土の謎
八代由来の「ヤツシロソウ」、現在は八代市に生息していない!
300年以上にも及ぶ干拓を経て、海から陸地へと変貌を遂げた旧横島町
熊本の水道水は、なんと100パーセント地下水! など

第三章 熊本のルーツが見えてくる歴史旅に出よう
明治時代、御船に2日だけ県庁が存在した!?
県北部に位置するのにどうして「南関」?
「球磨川」は「九萬川」だった!? など

第四章 一度は行ってみたい! 隠れ名所ガイド
現在も使われている日本最古の上水道「轟泉水道」
山鹿市三玉にある不動岩はなんと5億年以上前にできた!
えっ!? こんなところに神社が! 長屋の奥にひっそりと鎮座する白梅八幡宮 など

第五章 名物・史跡を形作った熊本県の大自然
高森地区の地名に残る神の足跡
村人が困り果てたから「当惑谷」
菊陽町の「鼻ぐり」、なぜわざわざ岩をくり貫いてトンネル状にしたの? など