相続財産は「切り離し」で残しなさい

タグ
シリーズ
  • 四六判変型168ページ
  • 2013年09月19日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-11024-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
相続財産は「切り離し」で残しなさい

内容紹介

多額の相続税を回避しよう!

資産家いじめの相続税時代が到来する。そこで抜群の効果を持つのが、積極的贈与と信託化による財産の「切り離し」。生前に財産の贈与・信託化をはかることで、多額の相続税を回避できるのだ。

資産を守る劇薬、タワーマンション購入
無税で贈与できる秘策、得策、工夫策
配偶者に自宅を贈与するなら、土地と建物はセットで
自宅に「小規模宅地等の特例」を使う方法
2世帯住宅なら、自宅敷地が簡単に80%引きの評価に
自宅設備のリフォームで大きく相続財産を減らす
親が子世帯、孫世帯の生活費を支援する
権利で相続するより愛情で贈与する
法人×信託で所得税対策も相続税対策も
贈与で得するラインを見極める

……など、その考え方とノウハウを、国税専門官から税理士となった著者がやさしく指南する。円滑な「財産の移転」の先に、家族の幸せがある。税制動向を考えれば、「切り離し」こそが相続税回避の最大の切り札だ!

目次

第1章 タワーマンション購入は節税のすごい切り札!
第2章 ギリギリで課税されそうならこれで回避!
第3章 相続税と贈与税の計算方法を理解しておこう
第4章 評価を下げて相続財産を減らす
第5章 積極的な贈与で財産を切り離す
第6章 今こそ信託をからめた相続税対策を活用しよう
第7章 贈与にまつわる大いなる誤解
第8章 どこまでの贈与なら相続より得をするか