僧職会計士の経営道会社を強くする「共生・中道・多様性」の教え

タグ
シリーズ
  • 四六判216ページ
  • 2013年01月29日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-10971-8
    • 品切重版未定
僧職会計士の経営道

内容紹介

50社をV字回復させた“谷マジック”

赤字転落した東証1部上場老舗企業をわずか1年で経常利益100億へ導いた
事業再建のプロフェッショナルが教える企業救済の道!

50社にのぼる企業をV字回復させた男・谷 慈義。その手法は「谷マジック」とも評される(日経新聞「けいざいじん」欄)。本書では、「谷マジック」の真髄をあますところなく初公開。経営と人生のヒントにあふれた唯一無二の経営書。

【著者からのメッセージ】
「仏教の教えは、混迷する時代を生きていくビジネスパーソンにとって、働き方や生き方のヒントになるばかりか、自らや会社をあるべき姿に変えてくれる、身近な道しるべでもあるのです。本書を記したきっかけは、一般のビジネスパーソンに向けて、仏教が説こうとしている教えの一端をご紹介し、日々の仕事や経営、また人生に生かしてほしいという気持ちからです。特に、仕事への向き合い方や経営手法については、私のもう一つの顔である経営者、公認会計士としての実践的な視点を重視しました。(中略)皆さんのビジネスや経営、そして人生の一つのヒントになればと考え、本書を綴っていくつもりです。」(本文より)

目次

序章 生き甲斐、働き甲斐の見つけ方――悩みと苦しみの根源を知る
一章 何をなし、何をもとめるべきかの指針――仏教から「働くこと」「生きること」の意味を学ぶ
二章 心のあり方が“計数”に投影する――仏教と利益の両立
三章 「もっと」から「もったいない」の経済へ――「仏教経済学」が、自己中心主義を克服する
四章 人格、仕事力、経営力を高める教え――祈ること、働くこと、生きること