新説 真田三代ミステリー幸隆、昌幸、幸村の知られざるルーツと生涯

タグ
シリーズ
  • 新書判256ページ
  • 2013年01月19日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-10962-6
    • 品切重版未定
新説 真田三代ミステリー

内容紹介

「史書」「伝承」「地形」から真田一族の謎に迫る

戦国武将の人気ランキングで常に上位になる真田幸村。しかし、この武将ほど謎の多い武将はいない。今まで、歴史研究者たちがさまざまな仮説を唱えてきたが、ほとんど確証のないまま空想の世界だけが大きくなっている。本書は幸村とその父昌幸、祖父幸隆の真田三代にわたる謎を、「史書」「伝承」「地形」「地図」「遺構」などから解明していくものである。時代考証家としての眼で、幸村の故郷・信州真田の郷を歩き、土地の記憶ともいうべき風景から歴史を見直した時、新たな発見や解釈が多数見つかった。真実とは何か。虚像と実像に迫る。

目次

第一章 真田三代の謎「史書・伝記」を解読する~真田幸村の足跡から真相を探る
「幸村」という名前は後世の創作!?
幸村の故郷は信濃国真田ではない!?
初めから結論が出ていた「犬伏の別れ」の真相、など

第二章 真田三代の謎「伝承・文化」に触れる~真田家に伝わる遺品から史実を検証する
幸村の顔のモデルになった肖像画の謎
真田軍の赤備えは後世の絵師の配慮!?
真田家はなぜ、「六文銭」を家紋したのか?、など

第三章 真田三代の謎「地理・地図」を読み解く~真田の郷の原風景の中に真田氏の記憶を探す
真田の郷は古来、信濃の中心地だった!?
真田氏の収入源は、街道の通行税!?
武田信玄が真田幸隆を部下にしたいと思った本当の理由、など

第四章 真田三代の謎「地形・遺跡」を訪ねる~真田氏のルーツを追い求めて
真田氏の三つの館の謎
幸隆の父の墓はいずこの寺に?
用水路建設、馬の飼育から真田氏の古代ルーツの謎に迫る、など