富と幸せを生む知恵ドラッカーも心酔した名実業家の信条「青淵百話」

タグ
シリーズ
  • 四六判224ページ
  • 2012年03月29日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-10929-9
    • 在庫あり
富と幸せを生む知恵

内容紹介

100年愛された仕事論・人生論の決定版!

金はたくさん持つな、仕事は愉快にやれ――
「日本の近代資本主義の父」が残した、素晴らしき人生の知恵。

「実業の本筋は武士道にあり」「天道はいつも正義の味方である」「『論語』は人間行為の完全な標準であるから、これによって人間として踏むべき道のすべてを学んでほしい」 日本初の銀行である第一国立銀行をはじめ、王子製紙、日本郵船、東京ガス、帝国ホテル、札幌麦酒、日本勧業銀行、日本興業銀行、東京電力、帝国劇場など生涯で500以上の企業設立にかかわり、約600の社会・公共事業への支援、民間外交に尽力した渋沢栄一。「道徳経済合一説」(倫理と利益の両立)を唱え、今も変わらず、多くの企業人・社会人に強い影響を与えている。本書は、明治45年に刊行された渋沢の名著『青淵百話』から、富と幸せというテーマにそって項目を精選。読みやすい現代仮名遣いを用いた平易な表現にして1冊に編んでいる。巻頭には元トリンプ・インターナショナルジャパン社長・吉越浩一郎氏の「発刊に寄せて」を、巻末には渋沢栄一の曾孫にあたる渋沢雅英・渋沢栄一記念財団理事長の「読者へのメッセージ」を収録。

目次

第一章 堂々とした人生を歩む知恵
第二章 真の幸せを引き寄せる知恵
第三章 『論語』に学ぶ実業の知恵
第四章 善い習慣をつける知恵
第五章 毎日を楽しく暮らす知恵