運命を拓きゆく者へ理想を携え、道は一歩ずつ

タグ
シリーズ
  • 四六判208ページ
  • 2011年11月30日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-10915-2
    • 品切
運命を拓きゆく者へ

内容紹介

何が起ころうとも、運命を受け入れ、
その上で、雄々しく切り拓いていく。
人生と仕事の羅針盤!

東レ経営研究所特別顧問
佐々木常夫氏による「発刊に寄せて」を収録!

「リーダーに向けた、優れた指南書です。新渡戸先生の思想には、百年という時を超えて、たいへん共鳴を覚え、心に染み渡る部分が多くありました」

本書は、新渡戸稲造博士の名著『世渡りの道』『修養』『人生読本』から、「自己を高める」をテーマとして項目を精選、現代仮名遣いを用いた平易な日本語にして、注や見出しを加えて再編集、新たに編んだものです。明治・大正の人々に大きな感化を与えた新渡戸博士の教えは、今も色あせることはありません。自分とはどんな存在なのか、いかに自己を成長させていくか、逆境をどう乗り越えていくか、そのためには日々、どんな心得を持ち、修養すればいいのか……といった思索的な提言から、読書会のすすめ、ひとり時間の活用術、怒りの対処法……といった具体的なアドバイスまで、まさに、自己啓発書の原点といえる珠玉の1冊です。

目次

第一章 自己を高める心の準備
 (『人生読本』「自己の開発とは何か」「自己を伸ばさんとする心の準備」より)
第二章 意志の強さより、方向が肝心
 (『人生読本』「意志の鍛練」より)
第三章 人生、見切りも必要となる
 (『人生読本』「見込みと見切り」より)
第四章 運命を拓きゆく者へ
 (『人生読本』「ドン底に於ける慰めの一言」より)
第五章 誰にもここ一番の頑張り時がある
 (『人生読本』「如何なる時に頑張るべきか」より)
第六章 僕が体験から得た最高の読書術
 (『修養』「第九章 余が実験せる読書法」より)
第七章 独りの時間が心を強める
 (『修養』「第十四章 黙思」より)
第八章 どうしようもない怒りへの対処
『世渡りの道』「第四章 怒気抑制法」より
第九章 聞くことは学ぶこと
 (『世渡りの道』「第七章 応対談話」より)
第十章 悪口で身を滅ぼす人は多い
 (『修養』「第十五章 悪口」より)
第十一章 自分ばかりが大変に思える落とし穴
 (『世渡りの道』「第十六章 泣き言の矯正」)
第十二章 情は内に秘めず、行為に示す
 (『世渡りの道』「第十八章 親切の修養」より)
第十三章 人生の目的はどこにある
 (『世渡りの道』「第二十二章 人生問題の解決前提」より)
特別付録 ジュネーヴ湖畔より
 (東京女子大学第一回卒業証書授与式・学長祝辞)