なぜ『万葉集』は古代史の真相を封印したのか

タグ
シリーズ
  • 新書判284ページ
  • 2010年09月18日発売
  • 本体価格 838円+税
  • ISBN 978-4-408-10871-1
    • 在庫あり
なぜ『万葉集』は古代史の真相を封印したのか

内容紹介

『万葉集』は単なる日本最古の歌集ではなかった!

ベストセラー既刊『なぜ「日本書紀」は古代史を偽装したのか』に続く、待望の第2弾。通説でいう「万葉の時代」には、看過できない多くの謎がある。古代史の通説に潜む“闇”の部分に鋭く切り込むことで定評のある著者が、今度は『万葉集』に封じ込められた謎に挑んだ自信作! 「恋」の歌は本当は「政争」の歌だった! 大化改新のヒーロー・中臣鎌足はなぜコケにされているのか? 天香具山の歌(春過ぎて 夏来るらし 白たへの 衣干したり 天の香具山)に秘められた持統天皇の野望とは? 歌の組み合わせ・順番にはこんな意味が!……。古代史ミステリーを十二分にご堪能あれ!