なぜ、ユニクロは1500円の商品で300円の利益をあげられるのか?身近な「数字」から政治・経済・資産運用の基本がわかる本

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2010年08月31日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-10866-7
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
なぜ、ユニクロは1500円の商品で300円の利益をあげられるのか?

内容紹介

思わず他人に質問したくなる100の疑問

政治・経済・金融・資産運用等のさまざまなことが、ある1つの「数字」がわかれば、ストンと腑に落ちるということがよくあります。本書では、各種セミナーで大人気のファイナンシャル・プランナーが、数字の「見える化」によって、世の中のカラクリを超・やさしく“カミクダイテ”伝授します。たとえば、スーパーの1万円の売上げは、12.5円の利益にしかならない、日本の食料自給率は41%で、エネルギー自給率にいたってはわずか4%、日本の100世帯の家庭には家庭数より多い116台のマイカーがある、高齢化社会といわれる日本人の平均年齢は45歳、日本の借金を国民1人当たりに換算すると730万円、…など、目からウロコの“生きた知識”が満載!