坂本龍馬 本当は何を考え、どう生きたか?

タグ
シリーズ
  • 新書判264ページ
  • 2009年11月27日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-10784-4
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
坂本龍馬 本当は何を考え、どう生きたか?

内容紹介

龍馬のマニフェストはニッポンをいかに変えたか?

33年間の人生を駆け抜けた幕末のヒーローが歴史の表舞台でなし得たこととは、いったい何だったのか? 丸くともひとかどあれや人心…と、トガッて生きて見せた坂本龍馬の思想と人生、巷間伝わる虚像と実像、暗殺の真相……を、龍馬研究の第一人者が、鋭い歴史眼と周到な史料・取材でいま新たに浮かび上がらせる。名高い「船中八策」の中身とは? ニッポンの何を「せんたく」したかったのか? 中岡慎太郎との本当の仲は?……など、この1冊で「坂本龍馬」が丸わかり! 特別付録として、巻末に「あなたの“龍馬度”がわかる――坂本龍馬度チェック表」を付けたので、120項目をチェックすることで、読者と龍馬の親密度がズバリわかる。また、「5分でわかる! 坂本龍馬ビジュアル年表」では、33年間の龍馬の足跡が一気に読める!