なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか

タグ
シリーズ
  • 新書判232ページ
  • 2008年11月28日発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 978-4-408-10745-5
    • 在庫あり
なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか

内容紹介

古代史最大のミステリーの「闇の部分」を読み解く驚愕の書!

はたして日本書紀は偽書なのか? 古代史の真実を封印した意外な人物とは? 日本書紀にはこんなカラクリがあった……。古代史研究の異端児・関裕二が、独自の調査・取材・分析・考察からあぶり出した日本書紀に秘められた古代史の謎に迫る! 日本書紀は天武天皇の命により編纂された…という通説を覆す数々の証左、そしてヤマト建国にさかのぼる数多の疑惑など。本書は、日本書紀を新たな視点から見つめ直すことによって、謎のベールに包まれた古代史を解き明かす大きなヒントを得ようとするものである。歴史・古代史ファンはもちろんのこと、そうでない人もしばし、古代のミステリーロマンに酔いしれてはいかがだろうか……。