牧師が読みとく 般若心経の謎

タグ
シリーズ
  • 四六判288ページ
  • 2007年07月06日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-10694-6
    • 品切重版未定
牧師が読みとく 般若心経の謎

内容紹介

「般若心経」と「聖書」、これだけあった共通項! 「空」の謎に迫る!

日本人はなぜ、『般若心経』を愛するのか?
キリスト経の『救い』と仏教の『覚り』」「『智恵の完成』で、人は別人のように変わる
玄奘は観自在菩薩を、どうしても登場させたかった
五蘊皆空に迷う心
欲得を捨てて『諸法空相』の世界へ
『縁起菩提』は救済と覚りの道
掲帝掲帝の「マントラ」に込められた智慧
智慧の完成は修行であり、修行こそが完成である

現役の牧師がアプローチする般若心経本。仏教研究者で、かつサンスクリット語に精通する著者が、従来の般若心経本とは違った新しい視点で、二百六十二文字の般若心経を解説する。