お寺の奥さんうちあけ話

タグ
シリーズ
  • 四六判224ページ
  • 2005年07月19日発売
  • 本体価格 1400円+税
  • ISBN 978-4-408-10634-2
    • 品切重版未定
お寺の奥さんうちあけ話

内容紹介

お寺の寺庭(住職の妻)にして、4人の母、またの顔が日本画家というユニークな著者による、お寺の日々を活写した本。著者・細川要子氏は、著作も多い高僧・松原泰道師の三女。また、臨済宗妙心寺派龍雲寺住職で、京都・妙心寺本山の宗務総長でもある細川景一師の妻。夫である住職が京都に単身赴任中のため、留守の寺をあずかって明るく元気に日々奮戦している。著者自らの生い立ちから寺の1日そして1年、檀家さんと寺との上手なつき合い方、おすすめの精進料理まで、読んでいるうちに、お寺への様々な疑問も解決します。芥川賞作家で臨済宗福聚寺副住職の玄侑宗久師から「なんとエネルギッシュなお寺ライフ!」との推薦もいただいている好著!