卵でピカソを買った男「エッグ・キング」伊勢彦信の成功法則

タグ
シリーズ
  • 四六判272ページ
  • 2005年07月19日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-10630-4
    • 品切重版未定
卵でピカソを買った男

内容紹介

富山県の一養鶏家が、なぜ全米ナンバーワンの座につけたのか。

アメリカで「エッグ・キング」と呼ばれるイセ食品グループ会長、伊勢彦信の成功の秘訣を、気鋭のジャーナリストが渾身取材で明らかにする。鶏卵業界のドンとしてだけでなく、世界有数の絵画コレクターでもあるミステリアスな男が、夢を実現させたその破天荒な軌跡が描かれている。加えて本書では、私たちの食生活になくてはならない卵にまつわる興味深い話や、「安全・安心卵」づくりへの取り組み方なども詳しく書かれている。卵の安全性については、鳥インフルエンザ問題などへの関心が高まっているが、そちらの面からもぜひ一読していただきたい話題の書である。