人脈で読む中国の真実食い込むアメリカ 食われる日本

タグ
シリーズ
  • 四六判216ページ
  • 2002年06月08日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-10500-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
人脈で読む中国の真実

内容紹介

「人治国家」中国では人脈がモノをいう。強力なコネを持つ国はビジネスも外交もうまくいくが、ろくな人脈がなければはじき飛ばされる。九〇年代後半以降、中国市場に攻勢をかけ続けるアメリカは、長い時間と知恵を使って、その人脈を培ってきた。キッシンジャー、ブッシュ一族をはじめ、中南海の奥深くに食い込む人材は数多い。もはや米中は切っても切れない蜜月関係にある。一方、田中角栄以来ろくな人脈を築けなかった日本は、圧倒的な劣勢に立たされている。ODAをばらまくだけで、それをうまく使う戦略を持ち得なかった日本は、資本主義・中国の食い物にされるだけの存在になりつつある。果たして、日本の中国ビジネスに未来はあるのか――。