ボランタリー経済学への招待

タグ
シリーズ
  • A5判上製302ページ
  • 2000年09月08日発売
  • 本体価格 2700円+税
  • ISBN 978-4-408-10412-6
    • 品切重版未定
ボランタリー経済学への招待

内容紹介

98年に刊行して話題となった『ボランタリー経済の誕生』の姉妹編。新しい経済社会とコミュニティへの展望、そしてボランティア、NPO、NGOなど「第3の市場」の可能性を、10人の学者・エコノミストが追求する。
おもな内容は以下のとおり。ボランタリー経済の構図(香西泰)、ボランタリー・エコノミーの倫理的な基礎(岩田一政)、市場経済とボランティア(福田慎一)、市場経済と中間的な自発組織(猪木武徳)、相互関与の経済社会(三田義之)、現代の経済政策とボランタリー・エコノミー(土志田征一)、国際社会から見た日本のボランタリー・エコノミーと実際の姿(市川正樹)、ほかに桂川孝子、藤原総明の論文をおさめる。