FISCO 株・企業報 Vol.9 今、この株を買おう

タグ
シリーズ
  • A4判変型154ページ
  • 2020年04月21日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-06402-4
    • 在庫あり
FISCO 株・企業報 Vol.9 今、この株を買おう

内容紹介

新型コロナウイルスと デジタル人民元の野望
~中国・衝撃の戦略~

【フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議】
本誌掲載の「新型コロナウイルスの世界経済への影響」の執筆を行った、
フィスコ 世界経済・金融シナリオ分析会議とは、
フィスコ・エコノミスト、ストラテジスト、アナリストおよびグループ経営者が、
世界各国の経済状況や金融マーケットに関するディスカッションを
毎週定例で行っているカンファレンスである。
主要株主であるシークエッジグループ代表の白井一成も含め、
外部からの多くの専門家も招聘している。
それを元にフィスコの取締役でありアナリストの中村孝也、
アイスタディ代表取締役である中川博貴が内容を取りまとめている。
2016年6月より開催しており、これまでにも今後の中国経済、朝鮮半島危機、
第四次産業革命後の日本経済のシナリオ、仮想通貨と日本経済、
デジタル資本主義、米中冷戦などを分析してきている。

【Special Article 01】
新型コロナウイルスと デジタル人民元の野望 ~中国・衝撃の戦略~

【特別寄稿】
遠藤誉
コロナ災禍の張本人・習近平がデジタル人民元を加速する

Future Article
中国ブロックチェーンとデジタル人民元 衝撃の戦略

遠藤 誉 + 白井一成


Part 01
中国のブロックチェーン戦略の過去・現在・未来
Part 02
ドル支配への挑戦 デジタル人民元の戦略的背景
Part 03
巨大金融市場を有する グレーターベイエリアのポテンシャル
Part 04
デジタル人民元を軸にして導き出した5つのシナリオ

緊急レポート!
新型コロナウイルスの世界経済への影響

Special Interview 01
野口悠紀雄
デジタル人民元、リブラ、CBDCの未来予想図

Special Interview 02
船橋洋一
地経学、デジタル人民元 そして日本のこと



【Special Article 02】
フィスコアナリストが選んだ
コロナショックで狙いたい
厳選50銘柄
4カ月で最大142%まで上昇!
14銘柄が50%超上昇!
フィスコアナリストによるこれから大きな成長が期待できる要注目の銘柄を、
50に厳選して詳細に紹介する。




【総力企画】
日本主要企業350銘柄 株価診断
主力企業や動向を観察したい企業350社の銘柄を、
フィスコアナリスト陣が徹底分析、評価する。

【特別企画】
本誌読者限定!
株主優待体験