ニッポンのゲレンデ2020

タグ
シリーズ
  • A4判244ページ
  • 2019年11月14日発売
  • 本体価格 1200円+税
  • ISBN 978-4-408-06398-0
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
ニッポンのゲレンデ2020

内容紹介

2020シーズンのゲレンデ最新情報を完全ガイド!

スキー&スノーボード専門誌「ブルーガイドスキー」と「SnowBoarder」が贈る、情報満載のゲレンデガイドの決定版!
主要ゲレンデをはじめ、日本全国のスキー場・431ゲレンデの最新情報を掲載したガイドブックです。

北から、北海道、東北、関越、上信越、白馬、中央、中京・北陸、関西以西の順に掲載され、ストレスなく行きたいゲレンデを探すことができます。
主要ゲレンデ紹介ページでは、オープン日とクローズ日、コース数、リフト本数、標高などの基本情報をはじめ、リフト、託児所、スクールなどの基本料金、駐車場、休憩所、更衣室、キッズパーク、温泉、おすすめの食事処など、いち早く探したい情報をわかりやすく掲載しています。
この他に、各ゲレンデの特徴やパークなど、日本一の情報量を誇るMOOKです。

さらに巻頭特集で「家族・子供連れで行って楽しめるゲレンデの紹介」を掲載しているので、「冬の家族旅行に迷っている」、「スキーをしたいけど子供が小さいからと悩んでいる」という方が満足できるゲレンデを見つけることができるはずです。
ファミリーでの旅行では、スキー・スノーボードだけでなく、室内の温かいところでのアクティビティや温泉、美味しい料理も欠かせません。今季はこの本で、いつもと違う家族旅行の行き先を探してみてはいかがでしょうか?

またスキーは少人数で「しっかりと練習したい」、「マイペースで楽しみたい」という方、さらに、「長距離の運転が不安でスキーを敬遠している」という方におすすめのバスツアー情報も掲載しています。ひとりでも参加OKで、行き帰りの移動もラクラク。
「深夜移動で疲れたままスキー場に到着して疲れたまますべる」なんてこともなく、しっかり睡眠が取れてスキーをめいっぱい楽しめるバスツアーをぜひチェックしてみてください。

巻末には、「託児施設がある」「仮眠施設がある」「ハーフパイプがある」「早朝滑走ができる」といったように、スキーヤーやスノーボーダーがゲレンデを決める際の目安にしやすい、目的別ゲレンデをリスト化した「目的別INDEX」を収録。賢くスキー・スノーボードを楽しみたい人に役立つ情報が満載です。

ゲレンデの情報が、迷わずにサクサク探せる!
そんな本誌を活用して、自分にぴったり合うゲレンデを探し出し、今年は今まで以上にスキー・スノーボードを楽しんでみませんか。