いつか見たヒマラヤネパール・チベットの人と暮らし

タグ
シリーズ
  • A5判288ページ
  • 2001年11月01日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-00771-7
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
いつか見たヒマラヤ

内容紹介

ヒマラヤ紀行や白神山地のレポートなどでおなじみの著者の最新文集。軽やかな筆致で自然の風物や、ネパール、チベットの山村で出会った人々との興味ぶかい交流が描かれる。自由に気ままにヒマラヤ山麓を縦横に旅する、爽やかな旅の記録。

<主な内容>

第1章ヒマラヤ周遊…ルンビニ紀行/ カイラスへの道/ 森の国シッキムを歩く/ ランタン谷トレッキングなど
第2章ヒマラヤからの便り…ダージリンへ/ 巡礼の夏ほか
第3章人と暮らし…ヒマラヤの村に果樹園を/ ヒマラヤ山麓の酒づくり/ 万物流転を川に見るなど
第4章ヒマラヤを書く…河口慧海の書簡