奈良 大和路 歴史と万葉の舞台を歩く

タグ
シリーズ
  • A5判変型192ページ
  • 2002年05月29日発売
  • 本体価格 1700円+税
  • ISBN 978-4-408-00263-7
    • 品切重版未定
奈良 大和路 歴史と万葉の舞台を歩く

内容紹介

奈良、大和路の旅行に必携の書です。奈良を舞台に華々しく展開した万葉集。そこに登場する奈良の名所や歴史事象を解説しています。平城京、東大寺、若草山、山の辺の道、飛鳥、高取など…、歌を地域にあてはめて、作者や時代もひもといていきます。「春日野に 煙立見ゆ少女らし 春のうはぎ 摘みて煮らしも」春日野の春、萌出たうはぎ(よめな)を摘んで煮て遊んでいるのは少女たち…。奈良公園の浅茅が原あたりの、春のピクニックの様子をうたったものです。
本書では、このように地域にそって歌を解説し、奈良公園の風景を記すだけではなく、深い歴史的な理解に役立つようになっています。奈良全県マップ付き。