月刊J-novel2012年9月号

タグ
シリーズ
  • A5判
  • 2012年08月11日発売
  • 本体価格524円+税
  • 雑誌コード05103-0900-12
  • 品切重版未定
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
月刊J-novel2012年9月号

内容紹介

生まれたての物語をあなたに

今号の特集は「女の生と性――女が書く、女を描く、女を読む」です。
『ラブレス』『起終点駅 ターミナル』などで話題の桜木紫乃さんと、『花祀り』で第一回団鬼六賞大賞を受賞し、この八月に『寂花の雫』(実業之日本社文庫)を上梓した花房観音さんが、女と性と自らの小説観を語りあう注目の対談「腹をくくって性を書く」、『ゆれる』『ディア・ドクター』など話題の映画監督?西川美和さんが最新映画監督作『夢売るふたり』と女について思いを語るインタビュー「西川美和の描く女たち ―「女は厄介なり」―」、そして書評家の吉田伸子さんによるブックレビュー「女たちのR(レボリューション) 新しい世界へ踏み出す2012年のヒロインたち」。今台頭する、女の女による女のための小説の流れがわかる読み物です。

八月の新刊によせて、『微笑む人』の貫井徳郎氏、『さくら聖?咲く』の畠中恵氏に作品にまつわるエッセイをお書きいただきました。これを読めばきっとあなたも読みたくなる! また、第十回北区内田康夫ミステリー文学賞特別賞?審査員特別賞受賞作の滝川野枝さんの短編小説「とうとうたらり たらりら たらり」を掲載しています。

好評シリーズ短編は、蒼井上鷹氏の<あなたも飼ってる?>シリーズ第五話「アイ?ミス・ユー」、田中啓文氏の「こなもん屋馬子と○○市長」シリーズの第二話「こなもん屋馬子と紋紋市長」、牧村一人氏の下町ミステリー「正義の味方じゃなくても」です。連載小説では、今号より赤川次郎氏のおなじみ花嫁シリーズ最新作「花嫁は今日も舞う」がスタートします。そのほか江上剛氏の企業小説「人情支店長」、小手鞠るい氏の「あなたにつながる記憶のすべて」、鯨統一郎氏の「三内丸山殺人紀行」、西村京太郎氏のトラベルミステリー「わが屍に旗を立てよ」、原田マハ氏の“政界ダイアリー”「総理の夫 First Gentleman」、吉野万理子氏の現代小説「不惑ゆらゆら」、いずれも絶好調です。

エッセイ「私のたからもの」は吉永南央氏が登場です。連載エッセイの出久根達郎氏の「今月号の旧刊誌」、津村記久子氏の「枕元の本棚」も快調です。気鋭の作家が登場するエッセイ「オン・ステージ」(阿部智里氏、畑野智美氏)、書評ページJ’s Book Bar(瀧井朝世、末國善己、香山二三郎、芳林堂書店 高田馬場店 飯田和之各氏)など読み応えたっぷりです。