月刊J-novel2014年8月号

タグ
シリーズ
  • A5判
  • 2014年07月15日発売
  • 本体価格509円+税
  • 雑誌コード05103-0800-14
  • 品切重版未定
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
月刊J-novel2014年8月号

内容紹介

挑戦する文芸誌

ジェイ・ノベルから生まれた大ヒットミステリー『白銀ジャック』が、この夏ついにドラマスペシャルに! 8月2日(土)夜9時、テレビ朝日系列での放映に先駆けて、原作の東野圭吾氏、主演・倉田役の渡辺謙氏、根津役の岡田将生氏、藤崎絵留役の広末涼子氏に作品に込めた思いや撮影の裏側を伺いました。読めばドラマがますます面白くなること間違いなし! ぜひご注目ください。

短編特集<女性作家が描く愛と性>では、斉木香津、花房観音、まさきとしか、宮木あや子各氏にご登場いただきました。息苦しささえ覚える衝動の果てには……夏の夜にぴったりの4編です。

充実の連載小説は、五十嵐貴久氏の長編ラブコメディー「学園天国」、熊谷達也氏の青春小説「ティーンズ・エッジ・ロックンロール」、中山七里氏の悪女一代記「嗤う淑女」、七尾与史氏の美人歯科医の事件カルテ「表参道・リドルデンタルクリニック」、西村京太郎氏の長編トラベルミステリー「八月十四日夜の殺人」、葉室麟氏の傑作時代小説「草雲雀」、いずれも好調です! また、戦中の東京で少女雑誌をつくる人々の奮闘を描く伊吹有喜氏の連載小説「彼方の友へ」が小説誌「紡」からお引っ越し。今後の展開にご期待ください。

強力シリーズは蒼井上鷹氏の喫茶店<フラット&シャープ>のペット事件簿シリーズ「幕を引くには早すぎる」、阿川大樹氏の鉄道をめぐる人々「夜食」、睦月影郎氏の官能シリーズ「姉妹ごっこ」いずれも必読の展開です。

連載エッセイ伊東潤氏「敗者烈伝」、津村記久子氏の「枕元の本棚」今号も好調です! 年齢をめぐるリレーエッセイ「AgeX」第2回は姫野カオルコ氏、物語にまつわる“はじめて”をつづる「はじめての<物語>」第2回は嶽本野ばら氏、自由なテーマでベスト3を語る「私の○○ベスト3」は谷瑞恵氏、ふるさとへの思いを綴る「ホーム home」は畠中恵氏が登場。気鋭の作家によるエッセイ「オン・ステージ」には周木律氏が登場です。書評ページJ’s Book Bar(石井千湖、北上次郎、大矢博子、紀伊國屋書店名古屋空港店・山崎蓮代各氏)など読み応えたっぷりです。