「CLUB HARLEY2024年3月号」書影

CLUB HARLEY2024年3月号

A4判変

2024年02月14日発売

価格 1,200円(税込)

雑誌コード 13293-0300-24

公式サイト CLUB HARLEY

品切

Ride the HARLEY-DAVIDSON.

今月号の特集は『ショベルヘッドの誘惑。』です。歴代ハーレーの中でも、いかにも“機械の塊”といった油臭さを醸し出すエンジンの迫力。そして、いま見ると味わい深い純正のオリジナルスタイル、そして作り込んだカスタムも、いかにもガレージビルドなチョッパーも……、すべてがカッコいい!! 1966年に登場し、1984年までラインアップされた「ショベルヘッド」エンジンのハーレーは、世界中にいまだファンが多く、「ショベルに乗りたい!!」という新たなファン層をも獲得し続けている稀有な存在です。バイクブームといわれる昨今、中古二輪車市場の相場は激変しており、中でも新車ではもう購入できない「絶版モデル」は特に価格が高騰しています。それはハーレーも例外ではありません。高価になりすぎて買えなくなる前に、ここらで一度ショベルヘッドについて真剣に考えてみようじゃありませんか。そもそも、わざわざ40年以上も昔のハーレーに乗って面白いのでしょうか!? そこでハーレーショップの老舗「サンダンス」が手がけた“これは面白い”とされるショベルヘッドに編集スタッフが試乗させていただきました。果たして、その乗り味やいかに!? また、実際にショベルを愛車にしているオーナーの方々や、最近買ってしまった人たちに魅力を聞いてみたほか、ショベルの定番といえる「フリスコ スタイル」や、リジッドフレームチョッパーに対するカウンターカルチャーとしても注目が集まる「スイングアーム付きチョッパー」など、カスタムのトレンドにも迫ります。さらに、サンダンスによるショベルの性能を格上げするためのノウハウも一挙掲載。いまショベルヘッドが気になっている人に捧げる、永久保存版の一冊です!!

実際ショベルヘッドってどーなの!?
ショベルヘッドの面白さを体感すべく、サンダンスによる排気量アップが施された2モデルに試乗しました。いまだテイスティな乗り味で多くの人を魅了するショベルは、果たしてどんな楽しさを秘めているのか必見です!!

本気で欲しいなら知っておくべし!!ショベルヘッド完全攻略
ショベル以前の「パンヘッド」と比べて、どんなところが進化しているのか、また、各年式によってどんな違いがあったのかなど、実際に購入を考えているならぜひとも知っておきたい情報をまとめました

スイングアームチョッパー再考。
少し前までチョッパーといえば「リジッドフレーム」が大前提という傾向がありましたが、最近ではリアサスを装備したスイングアームモデルをベースに、カッコよく仕上げた車両も増えてきています。これからはこのスタイルがくるかも!?

“FRISCO”とは何か。
硬派な走り好きにファンが多い「フリスコ スタイル」のカスタム。これのベースに選ばれるのは圧倒的にショベルヘッドが多い気がします。それは何故!? そもそもフリスコって何なんだ!? というワケで、その辺りに詳しいプロに教えていただきました

DEBUT! H-D 2024MODEL 今年も目玉モデルはコレだ!!
もちろん旧いハーレーばかりではありません。先日販売開始となったばかりの2024年モデルのハーレーダビッドソン、その注目モデルをピックアップして紹介しています。今年はどんなところが変わったのか、気になる方は必見です!!