酒井邦嘉

酒井邦嘉

(サカイクニヨシ)

1964年東京生まれ。
東京大学理学部物理学科卒業。同大大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)後、同大医学部第一生理学教室助手、ハーバード大学医学部リサーチフェロー、マサチューセッツ工科大学客員研究員を経て、1997年より東京大学大学院総合文化研究科助教授・准教授。2012年より同教授。同大大学院理学系研究科物理学専攻教授兼任。2014年より日本学術会議連携会員。2002年第56回毎日出版文化賞、2005年第19回塚原仲晃記念賞受賞。専門は、言語脳科学および脳機能イメージング。趣味は、ヴァイオリンとフルートなど。
主な著書に『言語の脳科学』『科学者という仕事』(以上、中公新書)、『脳の言語地図』『ことばの冒険』『こころの冒険』『脳の冒険』(以上、明治書院)、『脳を創る読書』(実業之日本社)、『芸術を創る脳』(編者、東京大学出版会)などがある。(2015年4月17日現在)

 考える教室

考える教室

東大教授による言語力と想像力を育む4つの授業

言語脳科学者である著者が脳と心と言語の関係をひもときながら、考える力、想像する力、思考力を高めるレッスンを教えます!

  • A6(文庫)判160ページ
  • 20171102発売
  • 本体価格 660円+税
  • ISBN 9784408456928
  • 在庫あり
 脳を創る読書

脳を創る読書

できる人はなぜ「紙の本」を読むのか――?

デジタル社会で脳は退行する!? 紙の本が脳に与える「いい影響」を言語脳科学の第一人者である著者がわかりやすく解説する。

  • A6(文庫)判208ページ
  • 20170127発売
  • 本体価格 660円+税
  • ISBN 9784408456812
  • 在庫あり
 考える教室

考える教室

言語脳科学者と十代の学生3人による論理的思考のレッスン!

言語脳科学の第一人者である東大教授が、大学1年生を相手に繰り広げる「考える教室」。思考の宇宙が広がる白熱の講義!

  • 四六判変型168ページ
  • 20150417発売
  • 本体価格 1200円+税
  • ISBN 9784408215280
  • 在庫あり
 脳を創る読書

脳を創る読書なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか

電子書籍化が進む今、やはり従来の「紙の本」がよいのか、それとも、時代の当然の要請として「電子書籍」がよいのか?

人が本を読む場合、紙の書籍と電子書籍で「脳」に対する影響は違うのか? 『言語脳』のスペシャリストが解く脳と読書の意外な関係。

  • 四六判200ページ
  • 20111217発売
  • 本体価格 1200円+税
  • ISBN 9784408109077
  • 在庫あり