木村公宣

木村公宣

(キムラキミノブ)

1970年10月24日生まれ青森県出身。元アルペンスラローム選手。1992年アルベールビルオリンピックから日本アルペン史上初の4大会連続出場。ワールドカップでも数々の好成績を残した。2003年に現役選手を引退し、新富良野プリンスホテル木村公宣スクール代表に就任。後進の指導に力を入れている。また、アサマ2000パークスキー場アドバイザーや、アトミックスタッフとしても活動。スキー業界の様々なシーンで広く活躍している。(2012年10月5日現在)