角田光代

角田光代

(カクタミツヨ)

1967年神奈川県生まれ。作家。1990年『幸福な遊戯』でデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、2012年『かなたの子』で泉鏡花文学賞を受賞。他、著書多数。絵本の翻訳に『まいごのしろくま』『ねずみのへやもありません』『ナイト キャット』などがある。(2015年6月11日現在)