本城雅人

本城雅人

(ホンジョウマサト)

1965年神奈川県生まれ。産経新聞社入社後、産経新聞浦和支局を経て、サンケイスポーツで記者として活躍。プロ野球、競馬、メジャーリーグ取材などに携わる。退職後、2009年に『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、デビュー。同作で「第1回サムライジャパン野球文学賞」大賞を受賞。16年『トリダシ』が第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補となる。17年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞に輝く。他の著書に『球界消滅』『スカウト・デイズ』『嗤うエース』『英雄の条件』『紙の城』『監督の問題』など。(2017年11月現在)

 代理人

代理人

敏腕代理人の裏の顔は、スキャンダル仕置人!?

契約選手のトラブル解決に奔走し、謎を解明するスポーツ代理人・善場圭一の活躍を活写。気鋭が放つ異色ミステリー!

  • 四六判296ページ
  • 20171117発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 9784408537153
  • 在庫あり