田村圭介

田村圭介

(タムラケイスケ)

複雑なターミナル駅の空間の構造とその成り立ちについて研究している。渋谷駅、東京駅、新宿駅を模型にするとともに書籍にまとめてきた。著書:『迷い迷って渋谷駅』(光文社)、『東京駅「100年のナゾ」を歩く』(中公新書ラクレ)、『新宿駅はなぜ1日364万人をさばけるのか』(SB新書)。建築設計事務所に勤務したのち、現在、昭和女子大学環境デザイン学科建築・インテリアデザインコース准教授。一級建築士。

 なぜ迷う? 複雑怪奇な東京迷宮駅の秘密

なぜ迷う? 複雑怪奇な東京迷宮駅の秘密

「迷宮(ダンジョン)」と化したターミナル駅、そのワケは!?

駅で迷うのは、我々のせいなのか、駅に理由があるのか?ダンジョンのような複雑な駅の類型から迷う原因を考え理解し楽しむ本。

  • 全書判224ページ
  • 20170707発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 9784408337142
  • 在庫あり
    電子書籍あり