江戸川乱歩

江戸川乱歩

(エドガワランポ)

1894(明治27)年10月21日~1965(昭和40)年7月28日。三重県名張市生まれ。本名、平井太郎。1923(大正12)年に雑誌「新青年」に『二銭銅貨』を発表して小説家としてデビュー。名探偵・明智小五郎の活躍する短編、長編で人気を集め、日本探偵小説隆盛の祖となった。「少年探偵団」シリーズで年少の読者にも多くのファンを得る。戦後は、『幻影城』などで評論、研究を深め、日本探偵作家クラブ(現・日本推理作家協会)を創設するなど、新進作家の育成に貢献している。