山本博文

山本博文

(ヤマモトヒロフミ)

1957年、岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒。同大学院修了。文学博士。東京大学史料編纂所教授。1992年、『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。主な著書に『現代語訳 武士道』(ちくま新書)、『武士道の名著 日本人の精神史』(中公新書)、『忠臣蔵の決算書』(新潮新書)、『歴史をつかむ技法』(新潮新書)、『東大流よみなおし日本史講義』(PHP研究所)、監修に『浮世絵でわかる! 江戸っ子の二十四時間』(青春出版社)、『「その後」のお殿様』(じっぴコンパクト新書)などがある。(2017年4月現在)

 古地図から読み解く 城下町の不思議と謎

古地図から読み解く 城下町の不思議と謎

古地図と現代の図を「くらべて」分かる、城下町の成り立ちと特徴!

江戸・名古屋・大阪をはじめ、全国の主要な城下町を、古地図をもとに検証する。当時の構造から、思わぬ町の機能が見えてくる!

  • 四六判160ページ
  • 20171110発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 9784408009070
  • 在庫あり