吉永南央

吉永南央

(ヨシナガナオ)

1964年埼玉県生まれ。2004年「紅雲町のお草」で第43回オール讀物推理小説新人賞を受賞。08年、同作を含む短編集『紅雲町ものがたり』で単行本デビュー。同作は文庫化に際し『萩を揺らす雨』に改題、ヒット作に。同作のシリーズに『その日まで』『名もなき花の』、その他の著書に『誘う森』『Fの記憶』『オリーブ』『アンジャーネ(文庫は『ランタン灯る窓辺で』に改題)』『RE*PAIR』がある。(2013年10月4日現在)