半田悦子

半田悦子

(ハンダエツコ)

常葉学園橘高等学校 女子サッカー部監督
1965年5月10日生まれ、静岡県清水市(現在の静岡市清水区)出身。小学校3年時に入江小女子サッカーチームで本格的にサッカーをはじめ、1980年に清水第八SCに入部。全日本女子サッカー選手権大会で7連覇を含む8回の優勝を経験した。1981年に日本女子代表の1期生に選出され、1996年まで代表でプレー。FIFA女子ワールドカップには1991年から2大会連続出場(1995年大会ではベスト8)。1996年アトランタ五輪にも出場した。清水FC(鈴与清水FCラブリーレディース)では1989年に第1回日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)で優勝。現役引退後は指導者となり、2004年から常葉学園橘中学校女子サッカー部、2011年から同高校女子サッカー部監督を務める。2011年にJFA(日本サッカー協会)公認S級コーチライセンスを取得した。(2012年8月1日現在)